読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足もみでHappyになる!女性のための自宅サロン『Natura』

官足法による足全体のマッサージ(足もみ)と自家製玄米甘酒により、女性の健康をサポートする奈良市内の自宅サロン、2016.10.5 OPENです。

足もみの驚くべき効果@体験記です。

こんにちは。

ご訪問、ありがとうございます☆

 

今日は、私が体験した官足法の驚くべき効果のお話を。

私自身の経験は、コチラのホームページのプロフィールに記載させて頂いてるのですが、もう一つ掲載していないことがあります。(#^^#)

 

それは、マラソンでの足もみ効果について。

f:id:okinao5:20160909094354j:plain

走ることが好きで、毎年主人と那覇マラソンに出場しています。

27歳くらいから走り始めて、20代の頃は4時間台目標で、若さもあり、がんばっていました。

 

ですが、出産後はめっきり。

 

制限時間の6時間ギリギリでゴールしたり、とにかく完走が目標だったし、年々体力も落ちてきて、マラソン後も疲れが取れない。

 

もうそろそろ終わりかな~と思っていたんです。

 

2年間の海外赴任中は、那覇マラソンに出場できたなかったので、昨年の帰国後、12月の那覇マラソンに出場してきました。

 

年齢もあがってきたし、きっとしんどいだろうから(←気持ちも後ろ向きです(^^;)もうこれが最後かもと思いながらスタート。

 

それがそれが、なかなか調子が良いんです。

30キロを過ぎた時点でも、まだ自分の中に体力が残っていることを感じ、私たちの目標は制限時間内に完走でしたが、今なら5時間きれるかも!と思い始め。。。

 

一緒に走っていた旦那さんはしんどうそうでしたが、私がまだ走れそうだったのを察してくれて、「先に行って!」と言われ、一緒にゴールしたかったけど、自分を試したかったのもあり、迷った末、先に行くことに。

 

結果、4時間43分。

 

4時間台は、20代の頃ぶり。

(旦那さんも、後から追いかけてくれたようで、2人そろって久しぶりの4時間台でした。)

 

マラソン、もうやめようと思っていたのが、まだいけるかも!にかわった瞬間(笑)

 

練習量はたいしてかわらないのに、これはもしかして官足法の効果かも?!と。

 

そして官足法の効果であることを、決定的に実感したのが次の日。

 

マラソンを走り始めた20代の頃から、次の日は毎回筋肉痛がひどくて歩くのがやっとだったんです。

中腰になるのもしんどかったし、2週間くらい身体がだるかったり。

 

それが去年は、さすがにマラソン直後はだるさがありましたが、その晩もしっかり足もみをして寝たら、次の日には、本当にマラソン走った?!というくらいスタスタ歩けたのです!筋肉痛がほとんどない状態の翌日は初めての体験でした。

 

もしかして翌々日に筋肉痛くる?と思ったけど、そんなこともなく(^^;、だるさもなく、いたって普通の日常にすぐに戻れたのです。

 

 

官足法の足もみで、血流改善、リンパの流れ改善。

 

結局、筋肉疲労で発生した老廃物を、足もみで流すことができたんですよね。

それまでの2年間、ほぼ毎日足もみを続けてきたということも大きいと思っています。

 

マラソンという過酷なスポーツでも有効なんだな、と実感した貴重な体験でした。

 

このような経験もあって、ますます官足法の良さを信じ、広めていきたいと思っています。(#^^#)

 

お読み頂き、ありがとうございました☆

 

オープニングキャンペーンのご予約、承り中です。→『Natura』ホームページ