読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足もみでHappyになる!女性のための自宅サロン『Natura』

官足法による足全体のマッサージ(足もみ)と自家製玄米甘酒により、女性の健康をサポートする奈良市内の自宅サロン、2016.10.5 OPENです。

葉にんじん

食のこと

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

本日は「葉にんじん」の話題について。

f:id:okinao5:20161011185659j:plain

先日、実家で採れた「葉にんじん」をもらってきました。

 

「葉にんじん」は、葉っぱの部分がメインのお野菜。

根の人参部分はとってもちっちゃくて可愛らしいんです。

 

いつもの人参にも葉っぱがついていますが、根(人参)の部分が完全に成長すると、葉の部分が固くなるのだそう。

この葉にんじんは、葉を食するためのもので、葉っぱの部分がやわらかいんです。

 

もちろん、このちっちゃな人参も頂くことができますので、今回は甘酒とマスタードのドレッシングで。

 

葉の部分は、小エビと一緒にかき揚げ風にして頂きました☆

 

「葉にんじん」の栄養面の特徴は、

βカロテンとビタミンEが、豊富に含まれていること。

 

βカロテンは、主に髪、皮膚、粘膜などに良いのと、肺、喉などの呼吸器系を守る働きがあるそう。

 

ビタミンEは、抗酸化力→老化防止で有名ですよね。

さらに、ビタミンEには血管の酸化を防ぎ、血行を良くする働きもあるそうです。

 

葉にんじんの食べ方は、サラダにしたり、サッと湯がいてお浸しにしたり、揚げたり、いためたり、アレンジいろいろ。

 

天日干しにして、パセリのようにして使うのもよさそうです。

 

ちなみに、実家の野菜は土からこだわった無農薬野菜なので、葉にんじんも無農薬。

 

天候や気候に左右され、不作のときもあるのですが、毎年えんどう豆や、人参、カボチャ、大根、たまねぎ、さつまいも、ゴーヤなどを栽培しています。

 

急に寒くなりましたよね。

身体をあたためる根菜などのお野菜をたっぷり取り入れていきたいと思います♪

 

皆様も、季節の変わり目、ご自愛くださいませ。

 

オープニングキャンペーンコース、および体験コースのご予約、承り中です。→『Natura』ホームページ