足もみでHappyになる!女性のための自宅サロン『Natura』

官足法による足全体のマッサージ(足もみ)と自家製玄米甘酒により、女性の健康をサポートする奈良市内の1日1組限定自宅サロン、2016.10.5 OPENです。

【官足法】上手な足もみの受け方

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

官足法の足もみは、足に老廃物がある方ほど、痛みを伴います。

リフレクソロジーと違って、痛みを感じるのでつい力が入ってしまいがち。

 

そんな痛い足つぼマッサージを、上手に受ける方法が、2つあります。

 

ひとつめは、押されているとき、痛みを感じるときに、息をゆっくり吐くこと。

 

官足法に限らず、痛みがあるときって、呼吸が浅くなりがち。

 

そうすると、ますます細胞に酸素が届かず身体が硬直して、痛みを増幅させます。

 

なので、痛みを感じるときは、意識して呼吸をゆっくりしてみてください。

ゆっくり吸うことが難しければ、息を吐くときだけでも、ゆっくり長く吐くよう意識すると、上手に痛みを流せるようになります。

 

ふたつめは、いくら痛い足つぼマッサージといっても、ずーっと痛いわけではありません。

施術者が手を休めた時、次の反射区ゾーンに移るときなど、足もみ棒が足から離れたタイミングで、ふっと力を抜く。

 

今は押してないですよ、というときでも、力が入ったままの方がいらっしゃいます。

 

自覚はなく力が入った状態になっておられる方が多いです。

そんなときは、力抜いてくださいね、とお伝えしております(^^;

 

力が入ったままということは、痛みで身体が硬直した状態がずっと続くことになるため、その硬直がまた新たなコリを生むことに。

 

上手に受けられる方は、足を刺激されていないときは、力を抜いて脱力する。

そして、痛みを感じるときは、息をゆっくり長く吐く。

もしくは、笑う。

私自身も、官足法の足もみを受けるときに思うのですが、痛みが極度に達すると笑えてきます(笑)

 

笑うと緩むのでいいそうです。

 

このように、上手く痛みを流しながら受けて頂くと、終わった後のカラダのすっきり感がよりアップ。

足のポカポカ具合も違ってきます。

 

ちなみに、今は押していないというときも力が入ったままの方は、普段から交感神経過多になりがち。

 

交感神経過多の状態が続くと、血流が悪くなり、臓器の働きも悪くなります。

 

意識的に深呼吸するなど、深い呼吸をすることで、副交感神経優位になり、カラダにもリラックスをもたらしてくれます。

深呼吸しながら、ストレッチや凝っているところを揉むなども効果的。

 

寒いとカラダは余計に交感神経が働きやすいので、冷え込み厳しい今の時期、カラダを温めることも大切ですね。

 

ぜひ、お試しください(*^^*)

f:id:okinao5:20180206151418j:plain

 

以上、奈良市内の官足法足つぼマッサージサロン&料理教室&各種ワークショップ提供のNaturaでした。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

 

サロンメニューは、ブログトップもしくはホームページのメニューをご覧くださいませ。

ご質問、ご予約は以下で受付けております。

Naturaホームページ

natura1288@yahoo.co.jp

 

おかげさまで、2月のご予約枠はいっぱいとなりました<(_ _)>

 

3月は、前半のご予約枠がいっぱいとなっております。

14日(木)以降は、まだお日にちございますので、お早目のご連絡をお待ちしております。

 

【出店のお知らせ】

2月21日(水)~27日(火)、近鉄奈良駅周辺のもちいどの商店街内にて出店いたします。(出店中サロンはお休みとさせて頂いております。)

 

 出店中のご予約は以下のコースのみにて受け付け中です。

足もみ30分コース(お1人さま3000円)

 

2月21日(水)~27日(火)10:00~14:30のご都合良いお時間で、ご予約受け付け中です。

Naturaホームページ

natura1288@yahoo.co.jp

090-6930-8345

 

先日ご案内させて頂きました、2月&3月の麹cooking、ウォークマットで代謝デトックスも引き続きご予約受付中です。

okinao5.hatenadiary.jp

 

okinao5.hatenadiary.jp

 

 

インスタグラム始めました。