読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足もみでHappyになる!女性のための自宅サロン『Natura』

官足法による足全体のマッサージ(足もみ)と自家製玄米甘酒により、女性の健康をサポートする奈良市内の自宅サロン、2016.10.5 OPENです。

毛細血管

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

本日は、毛細血管についてご紹介します。

f:id:okinao5:20160915085524j:plain

↑これは木々の写真なんですけど(^^;、人の血管に似ていますよね。

 

血管の種類には、動脈、静脈、毛細血管があります。

 

動脈は、心臓から全身へ血液を届ける血管。

静脈は、心臓へ血液を戻す血管。

毛細血管は、動脈と静脈をつなぐ細い血管。

 

動脈に流れる血液には、酸素と栄養をたっぷり含んでいます。

これが毛細血管までいきわったって、毛細血管から身体の隅々の細胞まで、この酸素と栄養を送り届けるんです。

 

さらに毛細血管は、全身の細胞から老廃物を受け取って、それを血液にのせて静脈に流すという重要な役割も持っています。

 

要は、毛細血管が、全身の細胞に酸素と栄養を届け、細胞がそれらを吸収した後に出る排出物(老廃物)を受け取って静脈に流しているということ。

 

実は、先日テレビ番組の「ためしてガッテン」で毛細血管の特集をやっていまして、衝撃的なことが。

 

これは官足法に通じているなと大変勉強になったので、ここで番組のポイントを、ご紹介。

 

☆1人あたりの毛細血管を全部伸ばすと、地球の2周半くらいの長さ。

☆毛細血管の太さは動脈の1000分の1

☆毛細血管は、酸素が必要なところを見つけると、自ら血管を伸ばして酸素を細胞に届ける。

☆毛細血管は細胞1個1個がつながっており、つなぎ目がある。そこから血液が染み出るくらいが正常。これがあふれ出るようになると、正常に血液が流れなくなり、それ以降の毛細血管が消滅する。

☆毛細血管によって、酸素が隅々まで行き届かなくなるとお肌の老化などの現象が著しくなる。

☆毛細血管を強化するためのポイントは、血流。血流が良くなると、毛細血管を構成する細胞同士の結束が強くなり、自ら血管を伸ばしていくことができる。

 

あらためて、毛細血管って、とっても重要な役割だったんですね。

そして、自ら伸びたり消滅したり。。。それが老化現象につながっているというのも納得でした。

それに、毛細血管の強化のポイントが「血流」ということも大事!

 

年齢とともに毛細血管が減少していくのは自然現象なのですが、それ以上に様々な原因で毛細血管が消滅したり正常に機能しなくなることで、いろいろ症状として出てくるんですね。

 

冷えの仕組みにもやはり毛細血管が大きく関係しています。

血液が、熱を運んでくれていますので、毛細血管が正常であれば身体の隅々まで熱を届けてくれます。でも血流が悪かったり、毛細血管が必要以上に消滅していたりすると、、、冷えを感じやすくなります。

 

って考えると、

血流がすべてといっても過言ではないほど、血流の大切さがあらためて。

 

そして血流改善は、官足法の得意とするところ。

Naturaの足もみで、毛細血管を増やしませんか?(#^^#)

 

オープニングキャンペーンのご予約、承り中です。→『Natura』ホームページ