足もみでHappyになる!女性のための自宅サロン『Natura』

官足法による足全体のマッサージ(足もみ)と自家製玄米甘酒により、女性の健康をサポートする奈良市内の1日1組限定自宅サロン、2016.10.5 OPENです。

【官足法】足もみで夏バテ知らず

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

蝉が鳴き出しましたね。

いよいよ関西も梅雨明け間近です。

 

梅雨明け前からこれだけ暑いと、長い夏は大丈夫?!と、心配になりますよね。

 

今日は、夏バテについて。

 

まず、汗をかきにくい人。

冷え性の人に多いと思うのです。

 

汗腺から汗を出す力が弱っているので、汗が皮膚の表面に出てきませんよね。汗はかかないけど、むくんだような状態になりませんか?

 

汗は何のためにかくかというと、身体が体温を調節するため、なんですね。

汗をかくことで、体温の上昇を防いでいます。

でも、汗がかけないとなると、どんどん体内に熱がこもっていきます。

さらに、身体は汗を出そうと皮膚に血流が集中するので、消化器系に血流がまわりにくく、胃腸が弱る→食欲減退→体力落ちる→夏バテかも。ということに。

 

では、汗をよくかく人は大丈夫かというと、汗が良く出る人も、ミネラルや塩分が汗と一緒に出ているので、体内のミネラル&塩分不足に陥りがち→疲れやすくなる→食欲減退→夏バテかも。ということに。

 

また、湿度が高いと、汗をかいても皮膚の表面で蒸発されずに残ってしまい、体温調節機能がうまく働かず、のぼせた状態に。これが続いてカラダがだるくなり、夏バテ気味にということも。

 

近年の夏は、連日30度超えが当たり前になり、クーラーも必須になっていますよね。

だけど、クーラーのきいた室内と外との気温差が激しいので、体温調節機能がもともと弱い人は、さらにマヒしがちになり、それが夏バテの原因にも。

 

その人の体質によって、夏バテになる仕組みや状況はかわってくるのですが、夏バテの症状はだいたい皆さん同じ。

 

だるい、食欲がない、元気が出ない、疲れやすいなどなど。

 

そんな症状には官足法が万能です。

足裏の内臓の反射区を刺激することで、弱りがちな消化器系も活発に働いてくれるように。

また、体温調節機能が乱れがちな方は、足もみで自律神経を整えることができます。

 

できれば、しんどくて足もみやウォークマットも踏めない、、、という状況になる前に、夏バテ予防にしっかり日頃から足もみメンテナンスを心がけることが一番。

 

冷たいものは、お日様が出てる時間にとるといいそうです。

夜は、なるべく冷やさない食事を。

 

夏の暑いときに食べるかき氷やアイスなど、夏ならではの食事も楽しみたいですもんね。

 

官足法の足もみで、夏バテ知らずの身体を目指しませんか?!

f:id:okinao5:20170715143605j:plain

 

足もみサロンNaturaのMenu一覧はコチラ。(PDFファイルが開きます) 

 

6月からスタートしましたお料理教室、麹cookingの詳細はコチラ。(PDFファイルが開きます。)6~7月メニューとなっておりますが、8月まで延長させて頂いております。

 

足もみの各コース、各種ワークショップ、麹cookingのご予約可能なお日にちは、現在以下となっております。

↓↓

【7月】

ご予約枠がいっぱいとなりました<(_ _)>

 

【8月】

前半のご予約枠はいっぱいとなりました<(_ _)>

22日(火)~29日(火)の間で、承っております。

 

※9日(水)~18日(金)までは、夏休みとさせて頂いております。

 

9月以降のご予約も、受付中です。

(週末から埋まることが多いので、週末ご希望の方はお早めにご連絡頂けたらと思います。)

 

ご都合良いお日にちを、以下のホームページ(↓)または、ブログのサイドバー(→)に掲載しております連絡先までお問合せくださいませ。

Naturaホームページ

 

インスタグラム始めました。

www.instagram.com

 

okinao5.hatenadiary.jp

okinao5.hatenadiary.jp